No.3972 悔しいから寒天の質量パーセント濃度を算出した・・・

寒天の濃度が明らかに濃すぎる・・・
そこで、質量パーセント濃度を出してみる事にした。

 

質量パーセント濃度とは・・・

溶液において対象となる物質(溶質)が溶液全体に対して
どのくらいの割合で含まれているかを100分率で示す値。
濃度を表すために用いられる。

 

質量パーセント濃度(%) =溶質の質量(g)/溶液の質量(g)×100 

という事は

=溶質の質量(g)/溶質の質量(g)+溶媒の質量(g)×100

例えとして砂糖水の質量パーセントを求めるには

 

砂糖=溶質
水=溶媒
砂糖水=溶液

砂糖(g)/砂糖水(g)×100 で求める事ができる。

 

もっと詳しくすると・・・

砂糖(g)/砂糖(g)+水(g)×100 となる。

 

そこで、今回ので計算してみる。

 

比重は液体によって違うけれど
これは化学実験じゃないので比重は考えずに
100mL = 100g で計算してみる。

・果汁 200g
・水 120g
・寒天 6g

6/(200+120+6)×100

=1.8

1.8%の寒天濃度か……。

 

寒天の箱の裏面を見ると
500mLに対して1袋(4g)となっている。

という事は

100mLに対して寒天が0.8g。

4/(500+4)×100
=0.79

通常ならば0.8%の寒天濃度なのか。

 

核酸の電気泳動用のミューピッドゲルは0.7%だったなぁ~。
そうか、あのくらいの固さか・・・。

という事は・・・2.25倍の寒天・・・!!

 

固いの、当たり前じゃん!!

 

……orz……ナンテコッタ……

[adchord]
最新情報をチェックしよう!
広告