No.4113 愛情をかけるから、お別れがとてもツライ3

これはもっちーをお迎えする前に書いた記事です。
話がやや前後します・・・。
ややこしくて、スミマセン・・・(滝汗)

 

家に帰ってからSちゃんに話をしてみた。

 

またペットを飼いたいと思っているんだ

え・・・また飼うの?

うん。なんか癒されたい

でもさ~ペットって早く死んじゃうじゃん。
愛情をかけるからさ、お別れがとっても辛いんだよ

・・・そうだよね。それはとっても分かる。
どうしても動物は人間よりも寿命が短いから

 

大福やカボチャとのお別れを思い出し
泣きそうになったよ・・・。

 

実はね、文鳥にしようかと思っているんだよ。文鳥、知っているよね?

小さくて白い鳥でしょ。知っているよ

昔ね、飼っていた事があるんだ。途中で逃げちゃったんだけどね。
で、調べてみたら文鳥の寿命は7~8年なんだよ

ハムスターよりも長い

最近、文鳥のページを見ていたりして
何となくいいなぁ~って思ったんだよ。
手乗りになると指とかに止まってくれるし
指の上にお腹をモフン♪とお腹を乗せてリラックスしてくれるのが
たまらなくいいんだよね~♪

じゃあさ、飼うとしたら名前を決めないとね。何がいいかな?

う~ん・・・『ネギマ』は?

え~~・・・

『チキン』は?

もっとヤダ・・・『雪見だいふく』は?

名前にしては、長すぎじゃない?

白いんだよね。『バニラ』

結局食べものじゃん。『●●(苗字』は?

何かヘンだよ、それ

じゃあ、「太郎」は?『Sちゃん、文鳥飼ったんだって?
名前何て言うの?』って聞かれて『太郎!』
・・・言えないか・・・(苦笑)

なぜか、盛り上がってしまった。

 

[adchord]
最新情報をチェックしよう!
広告