No.3992 みんなに助けられた2・・・ 

EVOSがある。
だけど、今回は色素が付いているかどうかの確認。
蛍光ではない。

 

試しにEVOSでやってみたが、ダメだった……。

 

技術課の人がどこか別の課で使っていないか
問い合わせをしてくれたが

 

今は棟全体の改築工事の為、あちこちで引っ越しがあり
結局見つからなかった。

 

とりあえずデスクがある部屋へと戻る。

 

同僚と先生が2人いた。

 

別の上司が異動する事になり
一緒に持っていく事になった高機能顕微鏡から
データをUSBに移しているところだった。

 

「地下のIX83が使えなくなってしまって・・・」と言うと

 


「この顕微鏡、使えるんじゃない?」と先生。

 

「え・・・この顕微鏡、使えるんですか?」

 

「これ倒立蛍光顕微鏡だよ。写真も撮れるし」

 

「じゃあ、下から持ってきます」と急いで地下へ戻り
全てを持って戻る。

 

「ちょっとクセがある顕微鏡でね。ピントが合うといいんだけど
それまでがちょっと大変」

 

スライドグラス対応の顕微鏡でステージにはプレートを設置する枠はない。

 

それでも何とか工夫してステージの上に置き
マウスを動かしてピントを合わせをしてくれた。

 

 

 

[adchord]
最新情報をチェックしよう!
広告