No.4182 これを「初詣」と呼ぶべきか・・・ 

Twitter やっています!!(クリックしてね♪)


先週、仕事を少しだけ早く切り上げて
M町の小國神社へと行ってきた。

 

 


平日だから少しは空いているかな?と思ったからだ。

 

・・・平日の割には人はいたと思う。

 


両脇には露天が立ち並び(営業中の露店は少なかった)
1月20日のどんと焼き用のお札とかお守りなどがうず高く積まれている。

 

No.2938 雪の小國神社でどんと焼祭り ・・・2011/1/17

No.3386 小国神社でどんど焼き・・・餅が落下!!!・・・orz・・・2014/1/19

 

 

手水舎で手を洗い、参道の端を歩き、鳥居をくぐる前に一礼する

 


そして、
鳥居をくぐったところで立ち止まり
遠くから拝殿を眺めるだけにとどまる。

 


お賽銭を投げ鈴を鳴らして何やら祈っている参拝客を
ただ見るだけ。

 

パートナーM氏とはよく神社へ行った。
京都にも幾度となく行き、あちこちの寺社を巡った。

 

その時はちゃんと二礼二拍手一礼もやった。
これらはパートナーに教えてもらったようなものだ。

 

パートナーが元気な頃は「みんなの健康」を願い

パートナーが病気になってからは
「みんなの健康」+「パートナーの病気が治るように」との
願いだった。

 

 

一生懸命、祈った。

 

 

 

 

しかし、その願いは叶わなかった

 

 

 

それから、神社に行くことはほとんどなくなった。
もちろん、行ったとしてもお参りはしない。

 

・・・ムダだと分かっているからだ。

 

 

どれだけ祈っても、願いは叶えられなかったから

 

 

おみくじは「大吉」だった。でも、あまり嬉しく感じなかった。

 

帰りの車の中で、ちょっとだけ泣けてきた。

 

 

 

……もうどうすることもできない事は分かっている

 


分かっているんだ……

 

 

[adchord]

最新情報をチェックしよう!
広告