No.4159 「痛みに関する研究」の実験被験者として2・・・

Twitter やっています!!

 


とりあえず待つしかないね、と再びパンフレットを読む。

 

どのくらい経ったのかは分からないが
呼ばれたので男性の後についていくと・・・

 

更衣室へと案内された。

そこには男性技師さんが一人と
先ほどまでMRIをやっていた男性がいた。

 

ロッカーの中に荷物を入れるように指示される。

「コンタクトですか?」と聞かれたので「裸眼です」と。

身についている貴金属(指輪、ピアス、ネックレス、時計、鍵、携帯電話)は
全て外しロッカーへ。

 

・・・下着にも金属が付いているけれどいいのかな?と聞いてみる
(直接的には言わなかった。『着替えなくてもいいのですか?』と)

着替える必要はなかった(MRIは頭部だけ??)

 

案内された部屋へ入ると
写真とか映像で見た事があるMRIがある。

 

パートナーM氏は何度か入った事があり
「ゴンゴン音がうるさい」と言っていた事があったっけ。

 

 

靴を脱いで台に横たわる。
タオルがかけられ耳栓をされる。
頭部が固定され、更に上から顔面に何かをカパっと被せられた。

 

気分が悪くなったらこれを強く握ってくださいと
何かを手渡され
「目もあまり動かさないで下さい」と言われた。

 

 

MRIの中はいろいろな音がした。

 

 

なるほど・・・確かに耳栓していてもうるさい。

 

じっと動かずに横たわっていたが、こういう時に限って
頬のあたりが痒くなってくるのだ・・・(滝汗)

 

ガマン、ガマン・・・と自分に言い聞かせる。

 

あ~・・・あとどれくらいで終わるのだろう?と
目を閉じると・・・

 

一瞬だけ眠ったのだろうか。

夢を見た!!

 

ほどなくして終了。

次回は3時間ほど問診や心理テストなどをやるらしい。

 

来年早々やることとなったよ。


中庭にあったイルミネーション。

 

[adchord]

最新情報をチェックしよう!
広告