No.4851 ナイトミュージアムと観月茶室体験・・・2020/11/17

Twitter やっています!!(クリックしてね♪)

 

※2ヶ月前の出来事になります(2020.9.20)

 


自宅からそれほど遠くない場所にある「ふじのくに茶の都ミュージアム」で
ナイトミュージアム(入館無料)と特別企画の「観月茶席体験」をやっているという。

 

ライトアップした日本庭園も美しいだろうし
抹茶と限定の和菓子に惹かれて(笑)
行ってみることにした。

 

既に薄暗くなっていたが駐車場にはかなりの車が。

 


数寄屋「友賢庵」入口でまだ予約できるかどうか聞いてみると
最終20時からの体験ではまだ少し席が空いているという。


やはり予約して行くべきだったなぁ~(滝汗)

 

限定8名だという。

 

ここで席が取れたのはラッキーだったなぁ~。
1人分だったからね。

 

500円のチケットを購入し、時間になるまで博物館や庭園を散策。

 


博物館ではお茶をもらったし、

富士山展望ホールから夜景が見れた( ̄▽ ̄)

 


庭園もライトアップされていて、美しかった。

ただ、足元が暗かったし
気を付けないと池へ続く階段へ降りそうになったり

ちょっと危ないトコロもあった……(滝汗)

 

20時になったので受付に行くと他の参加者も。
何と!着物を着ている人もいる!
本格的だなぁ~。

 

案内されて庭を進んでいくと
ここからお入りくださいと言われる。

 


「にじり口」という小さな入口だ。
こんな所から??着物の人、大変なんじゃないの??と

 


にじり口から入室し畳の並び方が特徴的な小部屋で
少し説明を受けてから鎖の間「臨水亭」へ。

 


紺色の毛氈の上に正座して座り、茶道についての説明を聞き(遠州流だという)
和菓子が運ばれてきた。

 

「小芋」と呼ばれる里芋を模した和菓子で
中秋の名月=栗名月と呼ばれる事から
掛川産の栗が練りこんであるという。

 

藤枝市の紅家(紅粉屋久右衛門)さんというお店で特別に作ってもらったものだとういう。


あっさりとした味でニッキの香りがする。

 


そのあとお抹茶が運ばれてきた。
器がとっても立派なもので、
管理人の器は秋の植物が描かれているものだった。

 


管理人と右側お二人の3つの器がとっても貴重なものだったらしい。
器を手に取って見るときは正座した膝に肘を置いて見ると
万が一落としても高い位置から落ちないから少しは安全らしい(滝汗)

 

お抹茶は苦かったけれど、美味しかったよ。

 


これで月が出ていれば最高の眺めだったよね

[adchord]

最新情報をチェックしよう!